ライフ

スマート農業とは 補助金 事例 企業 問題点 AI(人工知能)

投稿日:

9月に入ったら、今までの暑さが嘘みたいに

急に秋らしい感じになりましたね。

今日はすごく天気が良いです。^^

 

こんな天気が良いのに私は今日も休日出勤。(泣)

 

もし、私が転職するとしたら外の仕事をやりたいなーと思っています。

一日会社の中に閉じ込められているので、

外で行う仕事に憧れがあります。^^;

 

外での仕事も大変だということは、もちろんわかっていますよ。

隣の芝が青く見えるってやつですかね。

 

皆さんは外で活動する仕事といえば何を連想しますか?

農業も外で行う仕事の代表格ですよね。

 

そこそこの労働時間でそこそこのお金を稼げるなら、

私も農家に転職してみたいなーと思います。

 

ただ、農業で稼ぐことって結構難しいらしく、

農家になる方は少ないみたいです。

 

しかし、「スマート農業」の登場でこの状況が変わるかもしれません。

「スマート農業」が普及すれば、私も農家になれるかも?

 

Sponsored Link


 

個人で農家になることの難しさ



農業に憧れを持っている人は多いですが、

実際に農家になる人はそれほどいないです。

 

実家が農家とかの人は別として、

素人が農業を始めるには色々なハードルがあります。

 

・農業の勉強をする。(数年かかる場合も)

・農地を借りる。

・器具を揃える。

等など、農業を始めるには結構なお金がかかります。

 

農業を始めた後も大変です。

出荷作業やお金の管理など、全部自分でやる必要があります。

 

一番の問題は、売れる野菜を作らないと収入が入らないことでしょう。

出来が悪い野菜ではお金になりません。

 

サラリーマンだったら、仕事をしていれば給料がもらえますが、

農家は働いたからと言って収入があるとは限りません。

 

こういったところが、農家になる人が増えない原因だと思います。

私も収入が不安定なところが気になり、

農業への転職は候補から外しました。^^;

 

農業が会社化すれば農業への参入者が増える



私が前から思っていたことですが、

なんで農業を会社化しないんでしょう。

 

会社化すれば交代で休みも取れるし、

農業をやりたいという人も参入しやすくなるのではと思いますよね。

 

私が思いつくようなことが実現されていないのは理由があります。

一番の理由は、法人が農地を所有するのに制限があることみたいです。

規制が緩和された今でも、所有できるのは50%までで

残りの半分は農家から借りなくてはいけないそうです。

 

トヨタの農業IT管理ツール「豊作計画」



上では農業の法人化の厳しさを書きましたが

農業の法人化の規制がここ数年で緩和されたそうで、

農業に参入してくる企業も増えてきました。

 

あの「トヨタ」も農業に参入してきています。

なんでトヨタが農業?と思った方もいるでしょう。

 

トヨタは、農業とITの融合を試み、スマホで使える

「豊作計画」というクラウドサービスを開発しました。

 

「豊作計画」で何ができるのかというと、

・Aさんはあそこの田んぼで草刈りをして下さい。

・Bさんはどこどこの畑を耕して下さい。

・Cさんは、トラックで収穫物を搬送して下さい。

などなど、効率の良い作業の割り振りをしてくれます。

 

この作業の割り振りにトヨタのノウハウが活かされています。

各自が毎日作業の進捗を入力すると、

Aさん、Bさん、Cさんがどのくらい仕事ができるか判断し、

作業の計画を立ててくれます。

 

仕事を割り振るときには移動距離や天気まで

考えてくれるので、最強のプロジェクトマネージャーって感じですね。^^;

 

これを取り入れた農家では、

実際に作業時間の短縮や収穫量のアップといった効果が出たそうです。

 

このような農業とIT技術の融合を「スマート農業」というそうです。

 

どんどん便利になっていきますが、

技術の進歩に私がついていけなくなりそうです。(汗)

 

スマート農業でもAI(人工知能)が活躍



最近は資産運用などもAIが判断して行うとか話題になってますね。

スマート農業でもAI(人工知能)が活躍しています。

 

豊作計画の強みである、

作業のフィードバックを反映したスケジューリングは

まさにAIの得意とするところですね。

 

また、スマート農業に取り組んでいるのはトヨタだけでなく、

ドコモ、日立、NEC、ヤンマー、クボタ、amazon

など、名立たる大企業が取り組んでいるようです。

 

スマホを使いながらの農業がこれからの主流になるかも。

 

 

スマート農業の課題と問題点

では、これから日本中の農家にスマート農業を普及しよう。

といってもなかなかそうは行きません。^^;

 

一番の問題はコストです。

スマート農業を行うためには、センサー等の機器が必要になります。

トラクター等の農作業用の機械ってかなり高価です。

これに加えて、スマート農業の設備を揃えるのは大変ですよね。

 

トヨタの「豊作計画」などは、設備代はかかりませんが

複数人数で大規模な農場を管理する農家向けなので、

小規模な農業には使えないです。

 

ちょっと思いついたのですが、

スマホで農機具のシェアとかができるようになれば、

高い農機具を個人で買う必要がなくなります。

中々いいアイディアじゃないですか?^^

誰か開発して実験してくませんかね。

 

まとめ

センサで畑を管理、トラクターの自動運転等など、

スマート農業が進んでいけば農家の負担も減ります。

 

また、経験のない人でも安定して作物を作れるようになると思います。

 

それから、農業の法人化が一般的になって、

固定給がもらえたり、有給が取れたりするようになれば

農家になる人が増えるはず。

そうなったら、私も転職するかも。^^;

 

今後のスマート農業に期待ですね。

 

Sponsored Link

-ライフ


  1. […] 。 今週も休日出勤の管理人です。(苦笑)   先日の記事では農業でAIが活躍するスマート農業ついて書きました。 最近では資産運用、翻訳、会話などなど、 なんでもかんでもAI […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

折りたたみ傘(メンズ)管理人おすすめの傘と選び方のポイント

先日、私が仕事で外出したときに急な雨に降られました。 私は幸い折りたたみ傘を持っていたので濡れずに済みましたが、 一緒に出掛けた後輩は傘を持っていなかったので、コンビニで傘を買っていました。 &nbs …

【健康食品が危険?】サプリメントをプレゼントするのはちょっと待って

こんにちは。   血液検査でガンマGTPが200超えた管理人です。^^; 毎年200超えているので、検査結果を見ても「ふーん」って感じです。   最近は肝臓のことを考え、 オルニチ …

メルカリで現金販売が話題! メルカリアッテはもっとヤバい?

最近、メルカリで現金が売買されていると巷を賑わせています。 現金20,000円が27,000円で売られていたなんてニュースがありましたね。 なんで、20,000円が27,000円で売れるの?って不思議 …

夏の事故から子供を守れ!夏休みに気を付けるポイント

今年も夏休みの季節が来ましたね。 世間の小学校や幼稚園などは、そろそろ夏休みに入ったかと思います。   うちの息子たちが通う幼稚園も夏休みに入りました。 しかし、うちの子たちは、まだ 「夏休 …

デジタル認知症(スマホ認知症)の予防と対策。記憶力の低下はスマホが原因?

40代ともなれば、 最近物忘れが多くなった、 頭がすっきりしない、 なんてことを感じることも多くなりますね。   私も昔に比べて、記憶力が落ちたりしている気がします。(汗)   し …