ライフ

【SNS】うざい、痛い、嫌われる あなたの書き込みは大丈夫?

投稿日:

こんにちは、先月は時間外労働が100時間を超えた管理人です。(汗)

 

今回は時間外労働と全く関係のないSNSの話です。

今時の若者はメールでなく、LINEで連絡をするのが普通みたいですね。

(「今時の若者」って言っている時点でおじさん臭いですが気にしないでください)

 

若い人だけでなく、私と同年代の人もLINEを使っているみたいですが、

私はまだガラケーなんでLINEを使ったことがありません。^^;

 

一応、twitterとfacebookはアカウントを持っていますが、

アカウントを作っただけで放置状態。

今でもログインできるのだろうか・・・

 

まあ、私の話は置いといて、

普段SNSなんぞ使わないおじさんがSNSを使うと

思わぬ落とし穴にハマることになりかねません。

 

痛々しい、うざい、迷惑・・・

あなたの書き込みを見た人はそんなことを思っているかもしれません。(汗)

 

おじさんがついつい書き込みがちな、うざがられる文章や痛々しい表現など、

気をつける点について整理していきたいと思います。

 

Sponsored Link


 

 

SNSで頑張って絵文字を使いまくるおじさん



若い人相手にメッセージを送るときに

使い慣れない絵文字などを多用しちゃってませんか?

 

お恥ずかしい話ですが、私は見に覚えがあります。^^;

飲み屋のお姉さんとメールをするときは頑張って絵文字使ったりしちゃってました。

 

若い娘のメールって、おじさんのメールとは別物でしたね。

はじめにメールを見たときは、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。(汗)

このメールに文字だけの返事を返すのも申し訳ない感じだったんで、

頑張って絵文字を使いました。

しかし、こういうのが余計だったりすることがあるんですね。^^;

 

絵文字を使い慣れていないならそのことを言ってしまって、

無理に絵文字を使わないほうが好印象になる確率が高いそうです。

 

なんなら、SNSの相手に絵文字の使い方を教えてもらいましょう。

教えてもらうときは、もちろん素直な態度でお願いします。

上から目線の発言は絶対NGですよ。

 

 

余計な一言を得意げに書き込んじゃうおじさん



SNSだけの話じゃありませんが、一言多い人っていますよね。

あとはどうでもいいことに拘る人。

 

あなたはSNSを見て、誤字/脱字があったらどうします?

誤字/脱字、文法の間違いを指摘したことがあったら重症です。

 

SNSなんて、日常会話と同じようなものです。

些細なことをいちいち指摘するのはやめましょう。

 

 

それから、いらないアドバイスを書き込んじゃうことはありませんか?

しかも得意げに。

 

会社にもいるんですよ、こういう人が。(苦笑)

 

口を出す前にそのアドバイスは相手の求めているものか、

今一度考えてみましょう。

私も自分の身を振り返ってみます。^^;

 

 

過去の武勇伝を語っちゃうおじさん



飲み会で昔の武勇伝を語っちゃうおじさん。

昔からいますよね。

 

もちろん、私の務めている会社にも生息しています。(苦笑)

 

SNSに過去の武勇伝や「昔は良かった」とか書き込んでいませんか?

 

中には面白い昔話をしてくれるおじさんもいます。

(少数派ですが・・・)

 

まずは、相手が自分の話に興味を持ってくれているか考えてみましょう。

書き込みに対する反応がイマイチだったら、うざいと思われているかも。

 

 

セクハラおじさん



会社では普通なんですが、SNSだと調子にのって

セクハラまがいの書き込みしてませんか?

 

おじさんは相手との距離を縮めようとしているのかもしれませんが、

相手側が思ったよりも不快に思っていることも・・・

 

おじさんと若い子では感覚が違うので注意が必要ですね。^^;

 

相手から「そういう書き込みはやめて下さい」

と言われたときは相当まずい状況になっています。

間違っても懲りずに書き込みをするなんてことはしないでくださいね。

 

SNSで嫌われないための対策



おじさんが嫌われる原因として、余計な一言、

的外れな一言があります。

 

SNSで嫌われない、ウザいと思われないために、

まずは書き込みを投稿する前に一度読み直してみましょう。

 

冷静に見てみたときに投稿しなくても良いような内容だったら

書き込まずに置きましょう。

 

もし、余計な一言、的はずれな一言を書き込んでしまった場合、

下手に出て謝っておきましょう。

以下は、謝るときの例文です。

 

余計な一言を書き込んでしまった場合

→「張り切って、色々と書き込みすぎました。ごめんなさい」

 

的外れな一言を書き込んでしまった場合

→「なるほど、そういうことだったんですね。勉強になりました」

 

こちらの書き込みが悪くなかったとしても

相手側が理解してくれなかったとき

→「自分の書き方が悪かったですね。すみません」

※SNS上だったら一応謝って置きましょう。

 

まとめ

SNSで嫌われる例と嫌われないための対策を書いてみましたがどうだったでしょう。

少しは参考になりましたでしょうか。

 

SNSを使い慣れていない人の場合、メールや電話での連絡が無難ですね。

(そんなことは解っていると言われそうですが。^^;)

 

どうしても業務連絡などをSNSでしなくては行けない場合

この記事を参考にしてみて下さい。

 

この記事で少しでもSNSで若者に嫌われるおじさんが減ってくれれば幸いです。

 

Sponsored Link

-ライフ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1分動画アプリをレビュー&一押しアプリ紹介

今、料理を作る動画を1分にまとめた、「1分動画」が大人気なんですってね。 今どきのおじさんは、料理もします。 1分動画を見ているおじさんも結構いるのでは? 私だって、たまには料理しますよ。^^ &nb …

赤ワインを飲むと下痢になる原因【添加物が悪い?】

タイトルからわかるとは思いますが、 今回はお食事中の方は読むのを控えて欲しい内容です。^^;   ここ最近(2~3年くらい?)でしょうか、 赤ワインを飲んだ後にお腹が痛くなることがよくありま …

コピー禁止サイトでコピー(テキスト選択)する方法【chrome限定】

今日はコピー禁止サイトでコピーをする方法を紹介します。   ブログによってはテキストが選択できない、コピーが出来ないようになっています。 これって読むだけなら良いんですが、記事に出てきたキー …

スーツの似合う体作りのポイント 40歳から始めるトレーニング

同じスーツ姿なのにきりっとして見える人とさえない人がいますね。 この差は何でしょうか。   スーツの似合う体作りを説明しているサイトを見ると 「広背筋を鍛えて逆三角形の体を!」とか 「大胸筋 …

10年後になくなる仕事、残る仕事。10年後には半分の人が転職?

私の勤めている会社での同僚との会話ですが、 「この会社も10年後はどうなるかわかんないしなー」なんてことを言っています。 半分冗談、半分本気です。^^;   そんな話をしながら見つけた気にな …