ライフ

赤ワインを飲むと下痢になる原因【添加物が悪い?】

投稿日:

タイトルからわかるとは思いますが、

今回はお食事中の方は読むのを控えて欲しい内容です。^^;

 

ここ最近(2~3年くらい?)でしょうか、

赤ワインを飲んだ後にお腹が痛くなることがよくあります。

 

100%かどうかまでは覚えていないのですが、

結構な高確率で下る気がします。(汗)

 

不思議とビールや焼酎などの他のお酒でお腹が痛くなることはありません。

なんで赤ワインを飲んだ時だけ調子が悪くなるの?

と不思議に思ったので、赤ワインと下痢の関係を調べてみました。

 

Sponsored Link


 

赤ワインを飲んだときに下痢になってしまう→考えられる要因



赤ワインを飲んだときにお腹が下る要因として幾つか考えられます。

 

・アルコールの摂取しすぎ

・冷たいものを飲み過ぎ

・添加物、成分が原因

 

他にもあるのかもしれませんが、

私が思いつくのはこれくらいです。

 

では、どれが原因かというと。

 

・アルコールの摂取しすぎ

→コップ1杯でもお腹が痛くなるので違うと思う。

 

・冷たいものを飲み過ぎ

→常温のワインを飲んでいるので違うはず。

 

・添加物、成分が原因

→今のところ、これが怪しいと思う。

 

赤ワインの添加物と成分



赤ワインに含まれている成分として代表的なものは

水分

アルコール

糖分

ミネラル

ポリフェノール

 

あとは添加物として酸化防止剤(亜硫酸塩)が入ってます。

 

ポリフェノールと亜硫酸塩以外は普段から摂取しているので問題なさそうですね。

 

ポリフェノールでお腹がゆるくなるか



では、ポリフェノールを摂取すると下痢になることはあるのでしょうか?

 

全く無いとは言えませんが、

ポリフェノールはむしろ下痢止めに作用するみたいです。

 

摂取しすぎると便秘気味になることも・・・^^;

 

 

ポリフェノールが豊富と言われているコーヒーを飲んだり、

チョコを食べたりしても大丈夫なので

私の場合はポリフェノールが原因ではないようです。

 

亜硫酸塩で下痢になる?

私と同じく、赤ワインを飲むとお腹を壊す人は結構居るようです。

 

ネット上で同様の経験をしている人のブログなどがあります。(苦笑)

 

医学的な根拠があるかわかりませんが、

亜硫酸塩をとると腸が過敏に反応し下痢になるという意見もありました。

 

 

で、本当に亜硫酸塩が下痢の原因なのか確認するため

亜硫酸塩無添加の赤ワインを飲んでみました。

 

まだ2回しか飲んでいませんが、今のところ下痢はしていません。(笑)

やっぱりこれが原因?

 

亜硝酸塩が入っている食べ物



亜硝酸塩が入っている食べ物は赤ワインの他にもあります。

 

ドライフルーツ

こんにゃく

レンコン

などなど

 

結構色々なものに使われていますね。

でも、これらを食べてお腹痛くなったことはないんです。

 

摂取する量の問題なんでしょうか?

これについては不明です。ごめんなさい(汗)

 

オススメの無添加ワイン

私が飲んだ無添加ワインはこちら。

こちらのワインがオススメかというと、オススメしません。^^;

 

正確に言うと

「甘いので私の好みではありません」

です。

 

酸化防止剤無添加のワインを買いに近所のスーパーに行ったのですが、ほとんどが甘口・・・

 

一番甘くなさそうな、上のワインを選んだんですが

予想以上に甘い・・・

 

食事に合うって書いてあったから甘くないと思ったのに。(泣)

 

無添加ワインで甘くないのってないんでしょうか?

 

誰か私にオススメの無添加ワインを教えてください。

甘くないやつでお願いします。m(__)m

 

 

 

話がちょっと変わりますが、

スーパーでワインを見ているときに

甘口かどうかの表現が

甘口 中口 辛口

なんですね。

 

甘口はわかりますが、

赤ワインで「辛口」って表現はどうなんでしょう?

 

ワインに関してドシロートの私でも違和感を感じますよ。

「辛口」じゃなくて「甘くない」

とか他の表現はなかったんでしょうか?

 

オーガニックワインと無添加ワインの違い


無添加ワインを探しているときに

「オーガニックワイン」というのがあったのですが、

こちらには亜硫酸塩が入っていました。

残念・・・

 

無添加ワインは酸化防止剤を入れていないワイン

 

オーガニックワインは有機農法で栽培されたぶどうを使って作ったワイン

酸化防止剤の有無は関係ない

 

だそうです。

 

オーガニックワインなら美味しそうなのがいっぱいあったのに・・・

 

まとめ

亜硫酸塩について検索してみると、

「危険」とか「肝臓に悪い」とか

ネガティブなワードが結構出てきます。

 

私個人の意見としてはそんなに危険性はないのではと思っています。

 

お腹が痛くなるのは私の体質の問題であって、

危険性の高い添加物ではないのかなと。

 

私と同じように赤ワインを飲んだらお腹が痛くなる人は控えたほうが良いと思いますが、

大丈夫な人は気にせず飲んで良いと思います。

 

 

 

欧州のワインはみんな亜硫酸塩が入ってます。

 

食品添加物にうるさそうな欧州で大丈夫なんだから安全なんでないの?

というのが根拠とも言えないような根拠です。(苦笑)

 

 

私はお腹が痛くなるのが嫌なので、今夜は泡盛でも飲みます。

では。

 

Sponsored Link

-ライフ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマート農業とは 補助金 事例 企業 問題点 AI(人工知能)

9月に入ったら、今までの暑さが嘘みたいに 急に秋らしい感じになりましたね。 今日はすごく天気が良いです。^^   こんな天気が良いのに私は今日も休日出勤。(泣)   もし、私が転職 …

ヘルシアで内臓脂肪が減るか【1ヶ月飲んでみた結果】

先日受けた健康診断の結果、脂肪肝を指摘されました。^^;   実は、昨年も一昨年も脂肪肝との診断結果を頂いているので、例年通りですね。(苦笑)   ただ、最近急に太ってきたので ダ …

オルトレキシアとは?原因と対策について【まずはチェックしてみよう】

ここ最近、オーガニックだとか無添加だとか 健康に良さそうな食べ物が流行る傾向がありますよね。   健康に気を使うのは良いことですが、 気を使いすぎて不健康になっちゃう人も居るようです。 &n …

高齢者の見守りサービスを比較!うちの親もいつの間にか高齢者になっちゃった

気が付いたら、うちの親ももう70代に突入です。 幸いまだ元気ですが、別居なんでちょっと心配になることも。   いずれは同居するかもしれませんが、元気なうちは自分の家で暮らしたいそうです。 近 …

薄毛の多い部活は? 薄毛対策は中学生から始まる!

タイトルを見て、薄毛ってなんじゃ? 薄毛とハゲは違うのかと思った方もいるでしょう。   私も薄毛とハゲって何が違うのか気になったので調べてみました。 薄毛はハゲをオブラートに包んだ言い方でし …