ライフ

コピー禁止サイトでコピー(テキスト選択)する方法【chrome限定】

投稿日:

今日はコピー禁止サイトでコピーをする方法を紹介します。

 

ブログによってはテキストが選択できない、コピーが出来ないようになっています。

これって読むだけなら良いんですが、記事に出てきたキーワードをコピペして検索しようとしても出来ないので結構不便なときがあります。

 

このコピペ禁止サイトのテキストを簡単にコピペ可能にする方法を紹介したいと思います。

 

ちなみにChromeのJavaScriptをOFFにしてコピー可にする方法ではないです。

この方法だとJavaScript有効にしたいときにに一々設定を変えないと行けないので面倒です。

 

Sponsored Link

コピー禁止サイトでコピーする方法



コピペ禁止にしているサイトは、おそらく記事を盗用されるのを怖れてのことだと思います。

 

コピーされたくない気持ちもわかりますが、読者にとってはちょっと不便ですよね。

 

ちなみにこのサイトはコピペ禁止にしていません。

コピーされるような大した記事もありませんしね・・・

 

では、早速その方法を紹介します。

ちなみにこの方法はChrome限定なので、Firefox等のブラウザを使用している人には適用出来ません。

 

その方法とは Allow Copyという拡張機能をChromeに追加することです。

 

下記のページからAllow Copyを追加することが出来ます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/allow-copy/abidndjnodakeaicodfpgcnlkpppapah?hl=ja

 

 

追加できたら、画面右上に下の図の赤丸のアイコンが増えているはずです。



 

あとはコピペしたいサイトをひらいてこのアイコンをクリックするだけ。

これでサイトのテキストを選択、コピー出来るようになっているはずです。

 

Chromeでをワード、エクセルの編集を行う

コピペ禁止解除の他にもう一つ便利な機能を紹介したいと思います。

それはChromeでワード、エクセルのファイルを編集する方法です。

まずはこちらのページからドキュメント、スプレッドシートという拡張機能をChromeに追加します。
https://chrome.google.com/webstore/detail/office-editing-for-docs-s/gbkeegbaiigmenfmjfclcdgdpimamgkj
あとはワードやエクセルのファイルをブラウザにドラッグ&ドロップするだけ。
これでブラウザ上で編集ができちゃうんです。
高いOfficeのソフトを買わなくてもいいとは便利な時代になりましたね。

 

googleに感謝です。

 

まとめ

Chromeの便利な機能を紹介しましたが如何でしたか?

 

Chromeには様々な拡張機能が無料で公開されています。

今不便に思っていることがあったら、拡張機能を探してみては如何でしょう。

 

数が多すぎて探すのが大変かも知れませんが・・・

 

Sponsored Link


 

-ライフ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地下室増築の費用 いくらで作れる? 戸建ての家に作る場合の注意点とは

あなたの家に地下室はありますか? 日本では、地下室の普及率は0.2%だとか。 もちろん私の家にも地下室はないです。   なんで地下室の話をするかというと、最近、北朝鮮のミサイル騒ぎで 核シェ …

no image

パタニティーブルーは甘えなのか? 離婚に発展する前に行うべき対策!

子育てって大変ですよね。 特に初めての子供の場合は、手の抜き方がわからずに疲れてしまうことが多々あります。 私も一人目の子供を育てたときは、わからないことが多くて疲れ切ってしまったものです。 一人目に …

ウォーキングで15km歩くと何時間かかる?

「ウォーキングで15km歩くと何時間かかるでしょうか」 なんでウォーキングの話かというと、ダイエットのためにウォーキングを始めるつもりだからです。   前にヘルシア飲んでダイエットに失敗した …

高齢者の見守りサービスを比較!うちの親もいつの間にか高齢者になっちゃった

気が付いたら、うちの親ももう70代に突入です。 幸いまだ元気ですが、別居なんでちょっと心配になることも。   いずれは同居するかもしれませんが、元気なうちは自分の家で暮らしたいそうです。 近 …

メルカリで現金販売が話題! メルカリアッテはもっとヤバい?

最近、メルカリで現金が売買されていると巷を賑わせています。 現金20,000円が27,000円で売られていたなんてニュースがありましたね。 なんで、20,000円が27,000円で売れるの?って不思議 …