ライフ

ヒアリの蟻塚画像 これに近づいたら危険!

投稿日:

ここ最近は毎日のようにヒアリのニュースを聞きます。

今日は、大阪港で日本発のヒアリの女王蟻が見つかったそうです。

 

残念なことですが、ヒアリが日本に入ってきてしまうのも時間の問題かもしれません。

もし、日本で繁殖してしまったらどうすれば避けられるのでしょう。

 

蟻の拡大写真でここがヒアリの特徴です!

って言われても素人には見分けがつきません。^^;

 

うちの庭にも赤茶色で小さい蟻がいますが、こんなの見分けるのは無理。

で、何かほかに方法はないものかと調べてみたら、ヒアリは蟻塚を作るそうです。

しかも、日本には蟻塚を作る蟻がいないっぽい。

 

これなら、ヒアリがいるかどうかの判別が出来るのでは。

ということで、ヒアリの蟻塚がどんなものか画像を集めてみました。

 

Sponsored Link

ヒアリの蟻塚画像集


引用:https://www.youtube.com/watch?v=0x6RBngx5Tg

これ、ヒアリが手にくっついていますが大丈夫なんでしょうか?

 


引用:https://www.orkin.com/

大量の土の山。

これだけの山があったら、不自然ですね。

これなら、私でも見つけられそうです。

 


引用:https://www.youtube.com/watch?v=7qF31i8UUAs

これはまるでモグラが土を掘った後ですね。

公園にこれがあったとしても、全く気づきそうにありません。^^;

 

 


引用:https://www.ces.ncsu.edu/

こちらのアリ塚も全く目立ちませんね。

普通に歩いていたら、気付かないで通り過ぎてしまいそう。

 

アリ塚っていうから、てっきり下の画像みたいなのを作るのかと思ってました。


引用:http://www.anthillgardens.com/

でも、巣を掘った後の土が山になっているだけなんですね。

かなり大きいものなら目立ちそうですが、

目印にするのはちょっと無理かも・・・

 

アメリカのヒアリ事情

アメリカでは1930年頃にヒアリが入り込み、

その後、驚異の繁殖力でいたるところに広がり、

今ではアメリカ南部のほとんどの地域で生息しているそうです。

 

もちろん公園などにも多数のヒアリがいるようで、

ヒアリがいることを示す、オレンジの旗が

ヒアリの巣に立てられているところもあります。


引用:http://www.angelfire.lycos.com/

 

アメリカでは年間1400万人もの人がヒアリの被害にあっているらしいです。

この数字は、ヒアリが人の生活する環境の近くに住んでいることと

非常に攻撃的なことを表していますね。

 

もし、日本国内で繁殖してしまったらと考えると恐ろしいです。

 

これだけの被害者がいるのですから、アメリカではもちろんヒアリ対策をしています。

1950年~1980年には、広範囲にヒアリを殺すための殺虫剤をまきました。

しかし、ヒアリを絶滅できなかったばかりか、

この殺虫剤が環境に悪影響を及ぼす副作用も出てしまいました。

 

今では、駆除などは公園などの公共の場所など限定的で、

アメリカ全土を対象に駆除をすることは現実的に無理のようです。

 

一度定着してしまったヒアリを完全に駆除することは不可能なんでしょう。

 

もしヒアリに刺されたらどうすればいい?

もし、ヒアリが日本に入り込み、刺されるようなことがあったら。

とりあえずは落ち着いてください。^^;

 

殺人アリと言われるヒアリですが、

死亡率は思ったほど高くはありません。

 

ヒアリに刺されてアナフィラキシーショックを起こす人は0.6~6%だそうです。

このうち、重症化する人はごく一部かと思われます。

 

アメリカで被害に会う人が1400万人で、亡くなる方が100人とすると、

14万分の1ということになります。

 

しかし、確率が低いからと言って、油断はしないでください。

体調が悪くなった時のために、

すぐに行ける病院などを調べておいた方が良いですね。

 

まとめ

もし、ヒアリが日本で増えてしまったらと思うと恐ろしいです。

公園などを好むようなんで、子供が安心して公園で遊べなくなってしまうかも。

 

そのような事態になってしまったら、

自分の家の周りだけでも駆除を徹底し、

家族が被害に合わないようにする必要がありますね。

 

しかし、そんな事態にならないことが一番です。

何とか水際で食い止めてほしいです。

 

-ライフ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドライブで子供を飽きさせないための「おもちゃ」「便利グッズ」 神テク紹介!

子供を連れてのお出かけといえばドライブ! 車だとおむつや着替えを持って行けるので、小さい子供を連れて出かけるのに便利ですよね。 私も子供と出掛ける時はほとんど車です。   車のダッシュボード …

EMSマシンで痩せるのは嘘? EMSマシンの効果について検証!

最近(といってもここ5年くらいですが)おなか周りの肉が気になってきました。 下っ腹に浮き輪がついてるみたいになってきてしまった・・・(泣)     この前、床屋に行ったときですが、 …

発達障害の子供の治療と育て方【子供の将来が不安です】

今回はちょっと真面目な話で、子供の発達障害についてです。   なんでこの話題かというと、 先日、息子が発達障害かどうかのチェックを受けに行ったからです。   長男は幼稚園の年中さん …

健康に悪い習慣8選【あなたはいくつ当てはまる?】

こんにちは、毎年の健康診断で再検査になる管理人です。^^; 今回は、ついやってしまいがちな習慣で健康に悪いものを紹介します。 8つの習慣を挙げますが、 少なくとも一つくらいはやっている人がほとんどだと …

何ベクレルでどのくらいの影響があるの?被爆の危険性がピンとこない・・・

茨城県にある日本原子力研究開発機構の研究施設で事故があり、作業員の肺から2万2000ベクレルの放射性物質が計測されるというニュースがありましたね。   2万2000ベクレルって言われても、そ …